【セントーサ島への行き方】シンガポール

 

セントーサ島への行き方

セントーサ島にはシンガポールの
人気アトラクションが集まっています。

セントーサ島へ行く場合、
対岸のハーバーフロントが基点になり、
ハーバーフロントからセントーサ島までは
いろんなアクセス方法があります。

・ケーブルカー
・セントーサエクスプレス(モノレール)
・路線バス
・徒歩

①ケーブルカー

f:id:sttrading:20190525232930j:plain

ケーブルカーの料金は往復で大人$26と
最も高い移動手段ですが、
景色を楽しむことができます。
ハーバーフロントセンターは
フェリーターミナルでもあり、
豪華客船もここに停泊します。

②セントーサエクスプレス(モノレール)

f:id:sttrading:20190525233019j:plain

セントーサエクスプレスは
ハーバーフロントに連結されている
大型ショッピングモールのビボシティの
3階から乗車することができます。
セントーサ島の入島料込みで片道$4です。
島内は無料で乗り降りできます。

③路線バス(RWS8)

f:id:sttrading:20190525233100j:plain

ハーバーフロント駅に到着して外に出ると
ケッペル・バイアダクトという大通りがあります。
この通り沿いにバス停があります。
ここから路線バスのRWS8に乗ります。
料金は入島料込みで大人片道$2です。

このRWS8の路線バスは
リゾート・ワールド・セントーサ(RWS)行きで、
地下駐車場に到着します。

f:id:sttrading:20190525233148j:plain

バスの降車場はIR統合型リゾートの
カジノの入口近くですぐにわかると思います。

f:id:sttrading:20190525233222j:plain

この入口から中に入ると
ショッピングモールみたいになっています。

ショッピングモールを通って
エスカレーターを上っていちばん奥から外に出ると
ユニバーサルスタジオシンガポールがあります。

④徒歩

ハーバーフロント駅の隣にビボシティ
という大型ショッピングモールがあります。
ヴィヴォシティからセントーサ島までは
ボードウォークが整備されていて動く歩道もあります。

f:id:sttrading:20190525233303j:plain

動く歩道にはこのような案内があり、
目的地までの距離がわかるようになっています。

f:id:sttrading:20190525233350j:plain

中間地点にはカフェ・バーもあります。

f:id:sttrading:20190525233431j:plain

セントーサ島に到着すると改札があります。
徒歩でも入島料$1を徴収されてしまいます。
(無料開放される日もあります)

f:id:sttrading:20190525233507j:plain

改札の少し手前に窓口があるので
ここで切符を購入してください。

f:id:sttrading:20190525233542j:plain

こちらは改札の従業員の働きぶりです。
通常はこんな感じで暇そうにしています。
日本だったらお偉いさんに怒鳴られること間違いなし。

f:id:sttrading:20190525233621j:plain

リゾート・ワールド・セントーサ(RWS)の駐車場からは
マレーシア行きのバスも出ています。

最も本数が多いのがトランスター・クロスボーダーで、
マレーシアのジョホールバル(ラーキンバスターミナル)行きが
1時間に1本運行されています。

f:id:sttrading:20190525233718j:plain

料金は片道7シンガポールで、
マレーシアから来る場合は入島料込で
片道7リンギット(約190円)

出入国手続きがあるので時間をロスしてしまいますが、
ジョホールバルのホテルから
片道1時間~2時間くらいで移動することができます。
多少時間をロスしてもいいから宿泊費を安く抑えたい
という方にはジョホールバル宿泊をおすすめします。

国:シンガポール
出発地点:ハーバーフロント駅
目的地:セントーサ島